畳替えには3種類ある!畳を綺麗にするためにも確認しよう
ロゴ

畳を綺麗にしよう~畳替えには新床・表替え・裏返しの方法がある~

畳替えには3種類ある!畳を綺麗にするためにも確認しよう

畳

新床

畳表や畳床、畳縁を全て新しくしていくことを「新床」と呼んでいます。大体15~20年を目安に新床していくでしょう。その他にも畳と畳の間に隙間が発生したなどの問題が発生した場合でも新床がおすすめです。

和室

表替え

畳床はそのまま使用して、畳縁と畳表だけを新しくする方法が「表替え」です。表替えの場合は3~5年近くを目安とすると良いですよ。また、畳表が毛羽立ちが目立ってきたり、表面がずれていたりしても表替えをしていくといいでしょう。

部屋

裏返し

畳表を裏返して、新たな畳縁をつけるのが「裏返し」となっています。経済的に畳表を使用する種類となっていますが、畳の状態によってはこの裏返しをすることができない場合があるので気を付けましょう。

畳を長持ちさせる方法BEST3

和室
no.1

お手入れをする

畳替えをして畳を長持ちさせるためにはきちんとお手入れをすることが1番となっています。畳表を空拭きで拭き取ってお手入れをしたり、畳の目にそって拭いていくと良いですよ。

no.2

畳干しをする

定期的に畳干しをするのがおすすめです。年に2回を目安に換気をすると、畳の寿命がグンと上がるでしょう。なお、畳干しをする時間がない場合は畳を持ちあげて畳と床の間に空き缶などを挟んで換気していくと良いですよ。

no.3

カーペットや絨毯を敷かない

畳は呼吸をしているので、なるべくかカーペットや絨毯は敷かないようにしましょう。合わせて、畳がより早く傷ついてしまう恐れがあるので、畳でペットは飼わないようにすることです。

広告募集中